FC2ブログ
徒然草畑
ゲームとか日常生活をだらだら綴ります
異性の友人について
なんとなく、今回のカンボジア旅行で、思ったことを書きます。
半ば、今回、案内してくれた友達へのメッセージでもあります(笑)
友達は若い女性ですからね、まぁ、誤解する人もいるでしょう。

世の中には、異性の友人を理解できない、あるいは、異性としてしか見れない人もいる。そうすると、自分がそうだから、他人の異性の友人関係も疑う。
これ、私は何度も言ってるんですが、「浮気する奴が浮気を疑う」と同じ理屈なんですよね(笑)

まぁ、そういう人もいることを知って、理解して、そういう人と問題を起こさないように乗り切るのが大事なんだとは思います。

>>続きを読む
スポンサーサイト
もしも私に子供がいたら
もしも私に子供がいたら
私は絶対に、この国を捨てろ、もっとマトモな国を探して選べ、と言うだろう。
特に女の子であればなおさらに。

私には子供がいない。だから自分がやる。それだけのこと。

>>続きを読む
韓国・朝鮮人を蔑視する日本人
韓国で、日本企業の徴用工問題に関して、賠償を命じる最高裁判決が出た。
最初に言っておく。
私は、その判決が妥当だとも、正しいとも言わない。
判決の通りに賠償すべきだとも言わない。
判決について妥協せよとも言わない。
日本の対応が間違っているとも言わない。

ただ、日本人の嫌韓感情の根の深さに、深い悲しみを禁じ得ない。

>>続きを読む
ミスは恥ずべきことではない
安倍首相の読み間違いが話題になっている。
初めて、将軍様の立場に立った書き方をするが・・・

正直、ミスは誰にでもある。私にもある。だから、読み間違いそのものは別に構わないと私は思う。そしてたった一つのミスをみんなで寄ってたかって叩く、という「ネットの風潮」は、それがたとえ将軍様に対してのものであっても、私は好きにはなれない、とハッキリ言いたい。
さらに言えば、学歴がないことは、政治家に必須の資質ではない。田中角栄もそうだった。私が個人的に支持している、さる政治家も、学歴はない。
良い政治を行ってくれさえすればそれで良いのだ。
特に、周りに東大出ばかり揃っている自民党の中にあっては、さぞ、肩身が狭かろうと、同情もする。

>>続きを読む
偏見とささやかに闘う
今日は、軽い話ですw

タトゥーに関して、偏見があるという話がツイッターで出ていた。
海外でも、身体に傷をつける等、決してポジティブな見方だけではない。でもまぁ、日本人の間で特に偏見が強いのは間違いないと思う。

そういう話を見ていて、私が今年から始めたことに、一つ、思いが至った。
今年から、仕事中に、サングラスをかけることにしたのだった。

>>続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:日記