スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WBC】遅くなりましたが・・・

 まずは、勝って良かった。

 本当に、もし、韓国に負けて予選敗退で終わってたら、「なぁんだ、日本の野球は韓国以下か」と思って、何の盛り上がりもなかっただろうと思う。でも、奇跡的に予選通過して、2度も負けた韓国に雪辱して、世界一になった。  ある意味、日本のプロ野球を救ったと言えるのではないかと思う。驚異的な視聴率だったのも然り。これで各球団のフロントやオーナーが、「何をすれば野球人気が盛り上がるか」について、認識を改めてくれることを祈る。

 もっと言えば、巨人だけで視聴率を稼いでた時代は終わったのだということくらいは認識しようよ、マジで。

 さて、個人的に私は、王監督の選手時代からのファン。で、たぶん、王選手のファンと、長嶋選手のファンは重ならないだろうと思うのだけれど、私は、王ファン、アンチ長嶋なのです。だって、長嶋って、素で頭悪いし、野球取ったらただのバカなんだもん(爆)

 まぁ、子供時代は、TVで巨人戦しかやってなかったから、自然の流れで巨人ファンだったのだけれど、巨人ファンをやめる直接のきっかけが、王さんが巨人の監督時代の話。

 王監督が、「優勝したからもうやめたい。花道を飾りたい」って言ってるのに、「優勝したんだから来年もやれ」って言っといて、翌年の成績が悪かったから、1年でアッサリ馘。そんな話があるかい、と思ったのが最後のきっかけ。巨人は(まぁ他の球団にも言えるけど)、フロントがとことんバカ。クロマティと一緒に喜んでる王監督は、素晴らしかった。

 というわけで、(脳味噌のない)長嶋でなく(爆)、王監督で世界一になったことが、凄く嬉しかった。

 苦労人ですから、王さんは。

 でまぁ、WBCについて、いろいろ問題点はあるけど、それはもう、マスコミに報道されていることで「その通り」でいいと思う。
 何はともあれ、「アメリカの、アメリカによる、アメリカのためのWBC」で、ひっくり返して優勝してくれたのは、本当に嬉しかった。決勝を戦ったのがキューバ、そのため、決勝に出ている選手の中に大リーガーは大塚、イチローだけ、というのも痛快だった。

 最後に。「大舞台に弱い」松中が、タイムリーこそなかったものの、チャンスメーカーにはなれたのが、何とか救いかなと思った。
 なんだかんだあって、苦労して大リーグに行った大塚が、こういう形で抑えの切り札になってくれたのも嬉しかった。
 そして他の人も思っただろうけれど、イチローのあの「熱さ」には感動させられた。本当に、試合を重ねるごとに、全選手が「熱さ」を共有するようになり、「勝利への渇望」から1つにまとまっていったと思う。その中心は、やっぱりイチローだったと思う。去年、ドラマに出て、結構いい演技をしていたのにも驚かされたけど、本当にイチローって、凄いね。こんな偉大な選手は、もう出ないと思う。そういう選手を日本に引き留めておけるような、そういうプロ野球になってくれることを心から願う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

みち

Author:みち
Server : Pluto
Nation : Capella
Guild : IRIE
Character :
  A.Braford (FS) 174
Cabal暦 : 2009年4月~

Recent Entries
Recent Comments
Categories
FC2カウンター
Links
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム
Recent Trackbacks
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。