スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スプートニクの恋人」

 「ノルウェイの森」以来、実に10数年ぶりに、村上春樹の作品を読んだ。読まなかった理由は実に下らないことで、私の周りにいた村上春樹ファンの言葉。
 曰く、「ノルウェイの森は村上春樹作品じゃない」「真の村上春樹ファンはノルウェイの森が嫌い」「ノルウェイの森が好きな人は村上春樹を理解できない」等々。

 というわけで、「ノルウェイの森」に心酔して暗記するほど読み返した私は、それ以外の村上作品を読もうと思わなかったわけです。でまぁ、今回たまたま、知り合いに勧められて読んでみたのですが。

 面白ぇじゃん! つか、「ノルウェイの森」も村上作品じゃん!  とりあえず、「スプートニクの恋人」と「ノルウェイの森」の作者は、間違いなく同じテイストを持っている人ですね。どこか凄く真面目で、どこかオカシくて、不器用で世渡りが下手で、話が下手で友達がいない。

 昔、「芸術家にとって、作品は、自分自身の切り売りだ」と言った知り合いのイラストレーターさんがいました。この2つの作品が村上春樹の「自分自身の切り売り」だとしたら、私は、村上氏本人と会ったら、一発で打ち解けて仲良くなるか、2度と会いたいと思わないか、どちらかでしょうね。思考構造が、すごく似ている気がする。

 でまぁ、両方に共通して思ったこと。
 これでエンディング??

 勧めてくれた友達にも聞いたのだけれど、これが村上作品の終わり方らしい。「ねじまき鳥のクロニクル」は、一部の評論家から「これは話として完結していない」と評価されたらしい。別に不快ではないのだけれど、もっとすっきりした終わり方ができないものか、と、ここだけは少し不満。
 別に、ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのかハッキリさせろ、みたいな俗な要求をしているわけじゃない。読者を突き放して話を終わらせるなら、それはそれでいいと思う。ただ、他の終わらせようもあるんじゃないのかなぁ、と思うだけで。まぁ、「ノルウェイの森」の方は、作品冒頭に、エンディングの半分が書かれているようなものなので、あれでいいかな、と思ったけれど、「スプートニクの恋人」は、もう少し工夫のしようがあったのではないかなぁと思う。

 で、友達の勧めに従って、「海辺のカフカ」を読み始めてます。私は昔、先述した通り、「ノルウェイの森は特異作品」と言われて刷り込まれてきたので気付かなかったのだけれど、これが村上作品の文体なのだとしたら、というかどうもそうであるらしいが、この文の書き方は、凄く好きだ。どこか気取っていて、洗練されているようで、案外俗な面も見えてしまう。
 私の友達に、昔、「真のサラブレッド」と言えるような人が1人だけいたのだけれど、その人を思い出させてくれる。

 まぁ何にせよ、最近は、本も真剣に読む機会が減ったので、しばらくじっくり読んでみようかなと思ってます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

みち

Author:みち
Server : Pluto
Nation : Capella
Guild : IRIE
Character :
  A.Braford (FS) 174
Cabal暦 : 2009年4月~

Recent Entries
Recent Comments
Categories
FC2カウンター
Links
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム
Recent Trackbacks
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。