スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強姦:特急内で暴行、容疑の36歳再逮捕 乗客沈黙

毎日新聞より

 マイミクのガンモ子さんが書いていたので、私も思うところがあって。
 とりあえず、この事件に対して、「乗客も共犯、人間やめろ」と言うのは簡単、そして正論。でも、それでは済まない部分があると思ったので。

 私は、痴漢とか強姦とか大嫌いなんで、電車内でも、痴漢をやめさせたことは何度かあります。ほとんどの場合、「電車の揺れに合わせて、さりげなくさわる」パターンだったので、同じく電車の揺れに合わせて、さりげなく身体を間に入れて止める、これで通用する。ところが、これではどうにもできないことがありまして。  もう10年近く前の話になります。ずっと前に、日記に書いたことがあるので、覚えている人はいるはず。
 当時、三軒茶屋に住んでいたので、仕事帰りの夜、東急田園都市線の渋谷駅での乗り込み。まぁ乗っている人はわかると思うけど、この路線、夜の下りはカナリ混みます。で、乗り込む時、後ろから、凄い勢いで押してくる人がいたんですね。
 その時思ったのは、「確かに混む電車だけど、なんやねんコイツ、そんな無茶して押さなくても・・・」と思ったのだけれど、この人、とにかく押してくる。でまぁ、自然の流れで、私の身体を押しのけて、さらに私の前の人の方へ。しゃ~ね~なぁ、って感じで身体をよけたらそうなったんですが、この人の狙いは、そこにあったわけです。

 何故人を押しのけてまで乗ってきたか。この人、ドアのそばの女性の後ろに行きたかったんですね。んで、女性の背中に密着して、もう周りに何の遠慮もなく堂々と痴漢を始めた。
 あまりの傍若無人に、私も呆然として何もできず。たぶん、周りにいた人も同じだったと思う。で、誰も何もできず、止めることもできず、女性も声も出せず。次の駅で女性はすぐ降り、逃げていきました。この男はそれを見て、追いかけていくのではなく、いったんホームに降りて、たぶん、他のドアからまた電車に乗ったと思われるような様子。もう、その間約5分、呆然。それともう1つ。
 この人、中年のオヤジでしたが、帽子をかぶってて、軽装。で、目が完全にイッてました。

 何で止められなかったか、今でも思いますよ。悔やんでますよ。だから今でも忘れてないし、今でも書くんです。でも、何で止められなかったか。

 完全にイッちゃってる奴は、

 冗談抜きでマジ怖いです。


 これは、見たことのある人でないとわからないと思う。私も、本当に怖かった。だから、「痴漢は止める」ということにまぁ、意地もプライドも(まぁこんな程度のことですが)持っていた私が、何もできなかった。今回、この記事を見て、あの時のことを思い出しました。

 あの時、何でなにもできなかったか? もし同じような状況にまた遭ったら、どうするか? また止められないままなのか?

 真剣にぞっとしたのは、私が冒頭の事件の電車内にいたとして、「何もできなかった40人」の1人にならなかったか、果たして止めることができたのか、正直、自信はないです。
 何度も言いますが、イッちゃってる奴は、マジ怖いです。
 だから、今度同じ事があった時、どうしようか。自分がその40人の1人にならないために、どうすればいいか。今回、改めて考えました。で、出た結論。

 「すいません、1人では怖いんで、皆さん助けてください!」と大声を上げて、とりあえず自分が率先して助けよう。

 コレが結論です。

 何度でも言います。目がイッちゃってる奴の怖さ、半端じゃないです。普通の人は動けません。「何でなにもできなかったのか」と言うのは簡単。まして、この電車内の40人のうちには、女性もいたはずで、その人が、トイレの中で何が起こっているか、想像できるはず。そして、助けを求めることはできたはず。でも、誰も何もできなかった。それだけ、コイツは異常な奴だった、ってコトだと思います。で、もう1つの結論。

 この事件と全く同じ状況になったら、隣のトイレ等(絶対にあるはず)の非常ボタンを押して車掌を呼び、周りの人に声をかけて、ドアを壊してでも押し入って止めよう、ということ。

 最後にもう1つ。このような状況で、1人では、絶対に動けません。絶対に、周りの人の助けが必要。でも、「助けて下さい!」と言えば、誰かきっと手を貸してくれるはず。
 その場に居合わせて、「止められなかった・・・」という悔いを、私は今も持ってます。もし今度同じ状況になったらどうするか、私は、考えたことがありませんでした。でも今回、この事件が、考えるきっかけをくれました。

 次は、絶対に、止める。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

みち

Author:みち
Server : Pluto
Nation : Capella
Guild : IRIE
Character :
  A.Braford (FS) 174
Cabal暦 : 2009年4月~

Recent Entries
Recent Comments
Categories
FC2カウンター
Links
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム
Recent Trackbacks
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。