スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XP SP3

 とりあえず、即日、インストールしました。IE7がアンインストールできない不具合があるとか、そんな話があったけど、そもそもIE7なんて入れたこともないしwww
 ネットで情報をあさってみた結果、おおむね評判が良く、アプリケーションのスピードアップにもつながっているらしい、とのことだったので、迷いなく。で、当面の結論。

 問題なし。つか、インストールして正解。

 一番大きかったのは、普段、メインで使っているFirefoxのスピードアップ。ぶっちゃけ、体感速度は倍速に近い。Safariに関しては、特に変わらず。前々から存在していた、FirefoxとSafariの同時立ち上げによる相性の悪さもそのまま(苦笑)。どうしても、MicrosoftはMacと仲良くする気はないらしい。

 まぁ、私が使っているのは、Photoshopとか、TVチューナーのCanopus Featherとか、PowerDVDとか、iTunesが主になる --- ゲーム関係はほとんどやってないので --- けど、とりあえずは「問題なし」
 強いて言うなら、マルチタスクで複数アプリケーションを立ち上げた時の切り替えの速さ、動作の速さ(これまでは微妙に、相性っぽい感じで時々動作が鈍かった)が上がったと思うけど、Firefoxほど爆発的じゃない。まぁでも、問題はないのだから、このままSP3に乗り換えてしまう方向で。

 問題は、SP3にした時点で、以前使っていたスキンが無効になり、またWindows標準のダサダサなインターフェースに戻ってしまったこと。これまで落としてきたパッチファイルの紹介サイトでは、新たにSP3用パッチを公開している様子はなかったので、適当にググってみたら、ありました(・∀・)

SP3 UxTheme Patcher 1.1

 もちろん、パッチ適用はセーフモードで行う必要があるけど、全く問題なく動作します。私の大嫌いなあのカタカナ「スタート」が表示されるダサダサ画面は、2日の我慢でおさらば。

パッチ適用後SP3

 今回、改めて私は、自分が本当に、Windowsデフォルトのインターフェースが大嫌いなのだと再認識しました(^^;)
 たぶん、Vistaを使うことは、ないでしょう。中途半端に3Dを意識したあのインターフェースは、慣れないし、慣れたいとも思わない。大事なのはインターフェースではなく、OSとしての機能、動作の速さ、軽さ、そしてデザインのCoolさ。不要不急なヴィジュアルイフェクトのためにCPUパワーを使うのは、無駄以外の何ものでもない。

 名前は忘れたけど、Vista後のOSもすでに予定が発表されていることでもあるし、Vistaはきっと、Windows Meに似た道を歩むことになるのではないかと予想してます(笑)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

みち

Author:みち
Server : Pluto
Nation : Capella
Guild : IRIE
Character :
  A.Braford (FS) 174
Cabal暦 : 2009年4月~

Recent Entries
Recent Comments
Categories
FC2カウンター
Links
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム
Recent Trackbacks
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。