スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A級戦犯「東郷神社に分祀を」

A級戦犯「東郷神社に分祀を」毎日新聞
mixiニュース

 やっと理性ある声が出てきましたな。

 いろんな国に、いろんな形で、戦没者慰霊碑がある。外国から来賓があった時に、そこに参ることは、「礼儀」の一部として、しばしば、とは言わないが、見られる光景ではある。

 でも、日本に来る各国首脳で、靖国神社に参拝した人は誰もいない。何故か。

 たとえば、ドイツの戦没者慰霊碑に、ヒトラーが祀られていたら、お参りしようと思うだろうか? イタリアにムッソリーニが祀られていたら?

 日本人が何を主張しようと叫ぼうと、それが国際常識というものだ。中国云々の問題ですらない。欧米も含め、それが「外国の目」というもの。

 中国がクレームをつけるから、という理由で分祀するのも、正直どうかと思う。それに対して、「内政干渉だ」という声を上げることは正しい。

 決して「中国にクレームをつけられるから」ではなく、先進文明国家として、戦争犯罪人を、一国の神社に合祀するのは、無理があると思う。繰り返すが、外国人は、「あそこには、ヒトラーが祀られている」という目で靖国を見る。だから問題なのだ。

 日本が戦争を起こしたことは誤りだった。日本だけではない、アメリカが原爆を落としたことも、誤りだった。だからそれは、それぞれに別問題として主張すれば良い。とりあえず、A級戦犯が祀られていたら、「日本は太平洋戦争を起こした過去を肯定している」という目で見られても文句は言えない。

 戦争と、核兵器を否定する国として、日本は立つべきだと思うし、そのためにも、A級戦犯の分祀は、正しい歴史認識への一歩になると思う。

 戦争を起こし、自国民も他国民も、多くの人の命を奪った自らを省みよ、と私は言いたい。中国にいちゃもんつけられようが、こっちが正しければ、無視しようが反論しようがいっこうに構わない。だが、この点に関しては、今の形は正しくない、と私は思う。

 突っ込まれて困るネタなら、突っ込まれないようにすればいい。「靖国カード」を中国が握れないようにすればいい。弱みを改めず守ろうとするから、突っ込まれて文句が言えない、という立場に立たされるのだ。突っ込まれて困るところは改める。それでも中国はいちゃもんをつけてくるだろうから、その時こそ堂々と反論すればよろしい。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

みち

Author:みち
Server : Pluto
Nation : Capella
Guild : IRIE
Character :
  A.Braford (FS) 174
Cabal暦 : 2009年4月~

Recent Entries
Recent Comments
Categories
FC2カウンター
Links
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム
Recent Trackbacks
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。