スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪野球、韓国に敗退した件(超長文注意)

 正直言って、眠い。けど、これだけは、明日の3位決定戦が始まる前に書き上げておかねば意味がない。
 最初に書くが、相当、私の独断と偏見が入る。不愉快に感じられる方もいるのではないかと思う。

 ので、「読むのをやめるなら今だよ」と言っておく。

 ついでに言えば、「私が言ってることが正しいかどうか」を論じるつもりもないのでね。すでに出てしまった結果に、「たら・れば」は、ない。「こうしていれば勝てたのではないか」という言説には、本質的には、検証のしようがなく、意味がない。
 まぁ、それをわかった上で書きたいんですがね(^^;)  では本題に入ろう。まず最初に。
 「スモール・ベースボール」はどこへ行った??

 オリンピックの予選時の日本チームは、本当に強かった。あの時のうたい文句がこれだ。実際、「本当にうまく行くのかね?」と思っていたが、結果は素晴らしかった。「長打、ホームランはいらない。つないで勝つ」という精神が、実に明快だった。
 しかるに、オリンピック本戦に入って、その方針を捨てたのは何故だ? 何故、今まで勝ってきた方法を守らなかった?

 私の記憶違いかも知れないが、予選時から本戦時に、入れ替わった選手でビッグネームは2人。誰が抜けたかはきちんと覚えてないが、誰が入ってきたかはわかる。

 G.G.佐藤と村田。どちらも、走力には期待できず、長距離砲と言って良かろうと思う。

 何故、長打を欲した? 何故、「スモール・ベースボール」を貫かなかった?
 そして一番大切なことだが、彼らは、結果を出したか? ホームランの1本でも打ったか? 否!
 しかもG.G.佐藤は、タイムリーエラーまでやってくれた。

 あのエラーは、足の速い外野手なら、間違いなく避け得たエラーだと思う。G.G.佐藤だったから、追いつけなかった。それがエラーを呼んだ。

 オリンピックに選ばれた選手を見て、まぁ私もきちんと覚えていたわけではないが、首をかしげたのがこの2人。「スモール・ベースボール」を言うなら、同じ長距離砲でも、西武の中嶋(これは実際に代表で活躍した)や、巨人の橋由の方がいい。守備も信頼できるし、走力もある。まず、最初から「妙だな」と思っていたのがこの辺。

 次に、何度も書いたが、岩瀬の起用に対するこだわり。問題外!

 これまで3回の登板で、ことごとく期待を裏切ってきた岩瀬を、何故あんなに大切なところで使ったか?
 他にいなかった、というのならまだわかる。だが、実際には、左では和田が余っていた。確かに、先発型の投手ではあるだろう。でも、成瀬が実際に、リリーフをこなしている。私の意見だが、先発型をリリーフで投入するなら、イニングの頭からがいいのではないかと思う。で、どうしてもピンチを作ってしまって、もうダメだと思ってから、「リリーフ専門」を投入すれば良い。

 そもそも、7回に藤川を投入したのも不思議だった。成瀬なら、2イニングは楽勝だと思っていたから。右を投入したいなら、涌井が先だろう。
 藤川が打たれたから言うのではない。7回を誰でしのぐかは別にして、8回藤川、9回上原。「勝ちパターン」は、変えちゃダメだ。
 どうしても、どうしても岩瀬を使いたいなら、7回に岩瀬。これなら、オリンピック予選での勝ちパターン。で、もし打たれても、8回、9回と、2イニングの間、反撃の余地がある。8回裏に点を取られてしまったら、反撃は9回の、たった1イニングしかない。そして実際にそうなった。

 成瀬続投が私の意見。替えるにしても、和田も涌井もいた。その状況で、これまで3回全部、点を取られて絶不調の岩瀬を投入する理由も必然性もない。問題外だ。
 星野監督は、「私の責任です」と言ったらしいが、敢えて言おう、「その通り、てめぇのせいだ」と。

 あの8回の、李スンヨプと岩瀬の対決は、ある意味象徴的ではあった。かたや、一度も期待に応えていない投手。かたや、絶不調の4番。どちらも、結果を出していない者同士。「負け犬」同士。そして、勝ったのが李だった。李は男になった。その意味では、岩瀬の気持ちが李に負けていた、という側面も存在するのではないかと思う。

 私は、このように、「信じた選手を我慢して使う」タイプの監督を、他にもう1人知っている。誰あろう、私が応援しているソフトバンクホークスの王監督だ。この人も、適切な表現ではないかも知れないが「温情」で選手を起用する。で、チームの勝ちを潰す。王監督も、ここまでホークスを立て直してくれた立役者なんで、悪いことは言いたくないが、ここ数年は、かなり選手起用が硬直している気がする。
 王監督についてまで書き始めるときりがないのでやめるが、プロなのだから、切るところでは切る必要があると思う。私は、星野監督の性格から言って、たぶん岩瀬を使うだろうと思っていた。だから、某マイミクさんの日記のコメントに、「もう岩瀬は見たくない」と書いた。そしてこの結果。
 岩瀬に何試合潰されたか。で、一見「温情」に見える起用は、当たればいいが、外れると悲惨だ。特に今回は、岩瀬本人。日本に帰ってきてからも影響が残るのではあるまいか。今年の岩瀬は、去年ほどの調子ではなかったし、大いに不安だったのだが、見事的中してしまった。情けない。その意味では、シーズン中はボロボロだったのに、見事再生した上原は凄い、とも言えるが。

 最後の代打、阿部に関しても、言いたいことはあるが、まぁでも。今日は先発マスクではなかった。矢野を送り出したあたり、「わかってんじゃないか」と思ったが、最後のバッターとして送られたのが、またしても阿部。これを無策と言わずして何と言おう。

 なんにしても、ソフトボールが、もの凄い試合をして金メダルを取ったばかりなんで、まぁ無惨なこと。今回だけは、星野監督は、「見えてなかった」と思う。起用する選手も、交代のタイミングもミスが多い。これでは、勝てない。

 前の日記にも書いたが、私は、日本は銅メダルすら取れないと思う。金メダルを逃した時点で、相当にモチベーションが下がってるだろうし、今日の試合が終わった後の選手のコメントに、微妙ながら、星野監督の用兵に異を唱える的なコメントがあった。今回の日本チームは、1つにまとまってないのではないかと思う。

 それもこれも、監督の責任ですよ、星野さん。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

みち

Author:みち
Server : Pluto
Nation : Capella
Guild : IRIE
Character :
  A.Braford (FS) 174
Cabal暦 : 2009年4月~

Recent Entries
Recent Comments
Categories
FC2カウンター
Links
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム
Recent Trackbacks
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。